FX口座!
キーワードを入力すると記事検索できます。

やる夫のFX > 管理人の投資の考え方 >


ポジションの比率



ポジションは、ファンダメンタルを考慮して、比率を変更しなければいけません。

2011年の1月ですと、ファンダメンタルが優秀なのが、オーストラリア、ブラジルなどであり、逆に良くないのが、米国、ユーロです。

悪い方向への期待感の大きさ、良い方向に期待感の大きさを比較して、ポジションを裁量します。
2011年の1月では、ユーロ売りのポジションを拡大すべきというのが、基本方針になると思います。

ただし、いつかは、ポジションの比率を変更する必要があることも忘れてはいけません。







占い  FXの実力診断!  ピボット分析研究所!  複利計算研究所!  リンク  メール 
Copy rights by tongari-pocket
※情報には注意を払っていますが、一切保証はできません。各社の情報をご自分でご確認ください。